2014年04月30日

ルネ・デュボスの社会デザイン

 社会デザイン(Social Design)という用語を、今日的な意味で最初に使ったのは、ルネ・デュボス
(René Dubos; 1901-1982年)である。フランス生まれのアメリカ人の微生物学者で、環境保護や人間の未来を論じた。

RENEDuBos.jpg
ルネ・デュボス

 彼の "Think globally, act locally"という有名なスローガンを知らない者はいないだろう。デュボスが国連人間環境会議のアドバイザーを務めた1972年から1978年に登場し、ひんぱんに使われた言葉である。生物学研究を出発点に科学・技術の人類の幸福へ与える影響について環境的・社会的要因の分析をおこなった。人間の営み、科学技術、物質、地球の気候・風土・文化の間のよりよい関係構築について論じ、地球規模の問題は、社会的進化によって人間の行動を再考することが可能になり、地域の状況や選択肢が調整され、生態学的にバランスの取れた環境を促進できると考えた。

 デュボスは、人間と地球が必要とする科学知を生み出するための社会状況をつくる方法を社会デザインと呼んだ。1969年11月14日、コロンビア大学のバーナード・カレッジの新しい科学棟で演説を行った。そのときに使われた言葉が、「社会デザイン」である。その概要は『サイエンス』誌に社説として掲載された。
 以下その全文の和訳である。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

科学のための社会デザイン
A Social Design for Science

ルネ・デュボス
René Dubos

 過去2世紀の間に産業社会はすべての物質をますます生産し、人々をますます増やし続けることができるように思われている。19世紀と20世紀に特徴的な経済の量的拡大にもかかわらず、それらはすぐに終わりが来るであろう。そして我々はまずもって数十年以内に、科学・技術の取り組みに新たな目標を再設定しなければならなくなるであろう。
 人造か自然かを問わず、すべての生態系システムは、長期的には平衡状態を達成し、エネルギーや物質の両方に関して自己再生できるようにならなければならない。高度先進国の生態系は、数十年の間不均衡の状態にあった。さらに、生態系の不安定性は、その傾向が続けば災害は避けられないくらいに加速度的に増加している。ほぼ閉鎖系のシステムの開発を遅らせる余裕はもはやない。そこでは物質が廃棄される代わりに、リサイクルされることにより、システム全体でその価値を保持する。
 人口と技術の成長における生態的な制約は新たな人類の社会・経済システムの開発を必然的に求めることになる。それは今日私たちが生きているものとは異なる別ものである。生き残るためには、人類は定常状態と呼ばれるものを開発する必要がある。定常状態の公式は、これまでの西洋文明を支配している無限の量的成長という哲学とは大きく異なるため、それは広範な公的警告を引き起こす可能性がある。
 多くの人々は世界がその最後をむかえる停滞期に入りつつあると誤認している。しかし、定常状態は創造的な変化に対応していくのである。
 実際のところ、閉鎖系システム内の変化は、知的(で特に科学的な)可能性を提供する。過去世紀の間にもたらされた成長によって提供されてきたものより、おそらくはるかに挑戦的である。定常状態は、最終的には科学的なルネッサンスを生成するかもしれない。しかし、これは科学的に確立するための意識的で困難な努力なしには起こらない。
 これまでのところ、大学や研究機関は、今世紀が終わる前に、世界が急速に直面するであろう問題に対して超然とした姿勢のままである。しかし、世論の圧力はすぐにもはや超然としてはいられないことを科学者に強要するであろう。
 科学者たちは、自分の思考やスキルを、自分が関心のある問題ではなく、より大きな社会的意義の問題に向けて再度方向づける必要がある。重点分野での迅速かつ深遠なシフトが、理論科学や技術に生じるであろう。新たな科学の概念は、科学の内部ロジックの産物として、または生物界の変異に類似した偶発的な発見のいずれかから産出されてくる。知識の進歩のこの局面は、科学史の中のことと呼ばれるのかもしれない。
 新しい科学のコンセプトの開発のためには、とくにそれを広く社会にとって意味のある形に変換するためには、科学の外の歴史も同様に重要である。科学は社会的環境(the social milieu)によって深く影響される。この意味で、多くの発見は、科学者が社会の一員として身をまかせて状況の生成を機能させた結果である。近未来の世界に確固として横たわるこの制約によって、思考は、成長と科学技術の進歩における支配的なニーズに関連した単なる事実の蓄積ではなく、デザインと関係づけることが求められるようになるのである。

(訳:早田 宰)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 デュボスは、人間と地球の未来のために重要な役割を果たす科学技術が、科学者の研究室の中で生まれるのではなく、社会状況の中から生み出されることを深く洞察していた。そのためのソーシャル・ミリュー、すなわち社会環境づくりが、社会デザインであるとした。そして科学者もその状況をつくるために社会参画し、行動すべきことを強調したのである。


脚注:
René Dubos(1969), A Social Design for Science, SCIENCE, Vol.166, No.3907, p.823
posted by 早稲田大学早田宰研究室 at 22:51| 日記